【2020年版】MBTIについてめっちゃわかりやすく簡単に説明するぞい【性格診断/解説】

こんにちは、星羅福つむぎです!

以前、↓の記事を書いていたんですが、それから数ヶ月がすぎ、あらためてもっと分かりやすい記事がほしいなと思って、新しく投稿してみまする。

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
この十ヶ月間で僕自身もかなりmbtiについて詳しくなったよ!
スポンサーリンク

MBTIとは

簡単にいうと、めっちゃ便利な性格診断です。

一番有名なのは、下記のサイトですね。↓

本来、mbti診断テストというのは、公式協会のセミナー的なものに行き、数万円くらいで判断してもらうのが正しいらしいんですが、いやいやハードル高すぎ…という感じもあり。

んで、手軽に質問に答えるだけで(やや質問数多いから手軽ではないけど)、だいたい自分のことがわかります。他にも詳しく載ってるサイトがありますが、僕は上のやつがおすすめですね。説明文もわかりやすい。

mbtiは、16タイプあって、質問に答えていくと、自分がどのタイプか最後に診断してくれています。

米国などではキャリア診断などに使われている

部署配置だったり、キャリアの変更だったり、様々な用途で使われているそうで。

実際にアメリカとか行ったことないんで眉唾ものだったりするんですが(おい)、ただ、Amazonとか見ると、mbti書籍すっごい多いんですよね。あと、mbti関連サイト。

あと、サイト解析を見ると、このサイト、ありがたいことにけっこう海外からのお客さんが多い。オーストラリアとかアメリカとか。

なので、たしかにそうだなのだな、というのは実感として確かにあります。

で、実際にmbtiについて勉強していくと、いやこれもっと職場や学校で活用したほうがいいだろ、というのは思います。

あんまり語ると長くなっちゃうのでこの話はもうこれでやめますけどw まあ、ある種、苦手なことと得意なことをハッキリとわけるわけで、日本では流行らないのかなーという気もしますね。

そもそもMBTIってどういう意味?なんの略称?

実は、つい最近、MBTIへのいざないという本を買いまして。

数少ない日本の、mbtiに関する書籍なんですけど(というかほぼ唯一といってもいいくらい。正直他にまともなものがない)、それを読むまで僕も知らなかったですw

正式名称は、Myers-Briggs Type Indicator。

ブリッグスさんと、その娘、マイヤーズさんの頭文字、そして、タイプとインジゲータ、この4つの意味から組み合わさってる、といったぐあい。つまり、創設者の名前が入ってるんですね。

MBTIってどんな仕組みなの?性格診断?

mbtiは、ユングという心理学者さんが作った、心理学的タイプ論をベースにした性格検査だったりします。

で、じゃあ、その心理学なんちゃらタイプ論とはなんぞやって話なんですけど。

人間にはいくつかの思考パターンがあるんじゃないか、それをなんらかの仕組みにできないか、とユングさんはまず考えました。

で、右利きの人がいれば左利きの人もいるように、何かが得意だったら何かが苦手だったりする、という考え方もそこには盛り込まれています。

ユングさんは、そのパラメータみたいなものを6つに分けました。

内向型か外向型か。iとe

感覚型か直感型か。sとn

感情型か論理型か。fとt

(質問に答えて、どっちのほうが優位か判断して、性格を決める。intjとかesfpとか。この4つのアルファベットの組み合わせが性格判断となる。アルファベットは、それぞれの英語の頭文字がとられている。introversionとか)

…ただ、これだとちょっとわかりにくいw

感覚型か直感型かっていうのは、現実を重視するか、ひらめきを重視するか、といった感じかな。

直感型のほうが、未来を重視する傾向にありますね。感覚型は今を重視というか。

感情型と論理型は、人間関係と因果関係とも言いかえられると思います。たぶん、感覚型と直感型がわかりにくいだけで、他はわかりやすいと思います。

…なんか難しくなってきたな!w

で、とりあえず、これがユングさんの考えたタイプ論。

MBTIは、これに、非合理型(p)か、合理型(j)っていうのを付け加えたんですね。

アドリブを重視するか、計画を重視するか、といった指標です。夏休みの宿題を始めにやるか終わりにやるか、といった感じです。

今までのまとめ

・MBTIは、4つのアルファベットから性格を判定する

・それぞれのアルファベットには性格的な意味が表れている

・質問に答えるだけで、だいたい自分の性格(長所や弱点)などがかなり精密にわかる

といったぐあいです。

どういったときに役立つの?

僕はintjというかなり珍しいタイプなんですけど、それまで、そこそこ性格診断をやってきました。

…でも、このmbtiは、診断のレベルが違ってたんですよね。↓の記事でも書いたんですけど、救われた気がしたというか。いや大げさじゃなく。

なんで自分はこれが苦手なんだろう、どうして他の人と違うんだろう、といったときに、このMBTIをやると、「そっかそうだったのか」、「自分は自分でいいんだ」、「じゃあこういう職業がいいのかな」、などとざっくりとした指標ができます。

他の、●●占いとか、●●診断をやるならば、mbtiでざっくばらんに自分を掴んだほうがぜったい良いです。

恋愛の相性、キャリアプラン、人間関係の悩みなどに使える

これは持論なのですが、mbtiは恋愛の相性にも使えます。

あんまりいうとまた話長くなっちゃうんで手短にまとめるんですけど、mbtiに似た理論で、ソシオニクスっていうのがあるんですね。それはソシオニクスっていうんですけど。

で、ソシオニクスはロシアで発明されて、で、巷でmbti 恋愛 で検索して、相性診断をやった結果は、実はソシオニクスでいわれていることだったりするんです(mbti自体は相性に関する言及はまったくない)。

ただ、僕は、そういったこととは関係なしに恋愛にも応用できると思っていまして。

まず、自分の得意不得意がわかるw

僕はintjなんですけど、相手への共感がやれ薄いとか、恋愛偏差値が低いとか、ググると散々なことをいわれているタイプでw

…まあ、これがほぼほぼあたっておりw

ただ、逆をいえば、苦手なことをわかっていると対策が立てられるわけで。反対に、esfpタイプなんかは恋愛に向いているタイプといわれているけど、浮気なんちゃらと言及されてるところも多く。要は、それだけモテるんでしょうね。

反対に、intjなんか、絶対浮気しないはず。そもそも、そういった感情すら多分ないw

まあとにかく、自分のタイプを知ることは、色々なことに役立つんですよね。

反対に、広くmbtiを知ると、おそらくこの人はこういうタイプだから、こういうのが苦手なのかなーとか対策を立てやすくなる(信じ過ぎたり、レッテルを貼らないように要注意ですけど)。

あと、mbtiの大前提として、人のいろんな側面が知れる、人間って本当に考え方が色々あるんだなぁ、という勉強になります。

自分以外のタイプの欄を見ていると、優先順位が違っていて本当にびっくります。

とくに仕事や職場、キャリアプラン全般の悩みにおすすめ

かな? 一考する材料になるはずです。

あと、注意してほしいことが、もちろんMBTIも一枚岩ではないというか、信用しすぎもよろしくないというか。

MBTIは科学的根拠がないといわれていて。その理由に、診断結果がちょくちょく変わる、人間の得意不得意はそもそも完全に二極化できるものなのか、というのが、その否定理由なんですね。

で、ここからは持論なのですが。

診断結果がちょくちょく変わるといっても、そんなに大きく変わるものではない。(僕はほぼintjで、たーまにintpに変わってたことが昔ありました。ただこの2つのタイプはまあまあ似てる)。

で、二極化できないというのは、まあ、これはそうなんですよねw

人間って、成長していくと、苦手なこともできていきますよね。だから、20才のときと、30のときではタイプも違ってきたりすることもありそう(確か公式ではタイプは変わらないとかって記述を見たんですけど、このへんあやふやです。確か、もともとのタイプはあるけど、その後、統合(成長のこと)され、劣等機能も成長していく、という記述はあった)。

ただ、それって、16タイプにわかりやすく分けているぶん、どうしてもしょうがない部分はあると思うんですよね。

そりゃ、16にわけたら、多少の誤差はあるだろうと。

でも、16にわけるとして、じゃあ他にわかりやすく便利な指標があるんかい、といったら僕はとりあえず知らないです。あったら教えてほしいwいや本当に。

ちなみに、9つにわけるやつとかならあります。エニアグラムっていうんですけど。僕は断然MBTI派ですね。

まとめ

というわけで、mbtiについてでした。

…簡単に説明とかいって、めっちゃ長くなってもうたやんw

ちなみに、mbtiがわかってると、他人の行動思考というか、物事の優先順位のトレースがある程度できるようになって、すごい便利です。

最初は、iだかeだかよくわからないんですけど、べつにあんまりわかる必要ないですwけっこう覚えにくいし。自分のタイプさえわかって、ああそうなのかー、でいいんじゃないでしょうかw

もしほかのタイプを勉強する場合、知り合いにやってもらって、そのタイプを把握するか、自分と一文字違いのタイプから勉強していくと、すんなりいくかも。あと、自分と正反対のタイプ。

たとえば、僕はintjなので、esfpが正反対になるんですけど、説明も大方正反対なので、これがかなりわかりやすかったです。

スポンサーリンク

MBTI

Posted by tsumugi