「MBTIへのいざない」と「エッセンシャルMBTI」を買った話

こんにちは、星羅福つむぎです!

えー、MBTIブログとなりつつある昨今ですが、とうとう買いました。

MBTIへのいざない!

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
漫画描くのまだ終わってないから、今週ぐらいに読む予定だよ!
スポンサーリンク

おそらくオススメが最も多い日本のMBTI関連の本(2020年現在)

↑これですねw

他にも関連書籍がいろいろあるんですけど、昔だったりページ数が少なかったり、中途半端な情報しか書いてなかったりと、調べた限りだとこれ1冊あれば充分なんじゃないかなぁ、くらい。

MBTI自体、疑似科学(血液型占いとか)と同等扱いなので…なんですかね?w

ただ、欧米諸国ではMBTI、かなり流行ってるらしいので、日本でももっと本あってもいいと思うんですけどね。これ、3刷いってますし。

MBTI、科学的根拠がないという話をいくつか耳にするんですけど、それでも、分析としては非常に有効だと思うんですよね。

何をもって有効か。

まず、色々な性格の人がいるということを、体系的にすんなりとわかることができる。

んで、さらに自分や他人への対策が立てやすい。

僕は、そんじょそこらの自己分析ツールに負けないくらい、これでだいぶ自分を理解することができた経緯があって。

確かに、性格を16にわけるという時点で(最新だと32でしたっけ?)まあ、いくらか無理はあるんでしょうけど、なんていうか、すぐ使える類型論だなぁ、という気は本当にしてますね。

エッセンシャルMBTIのほうはやや割高感あり

まあ、もともと一般的な内容じゃないようですしw

ただ、これ、図書館にないんですよね。MBTIへのいざないは、探せば図書館にあるから借りれるんですけど、これは探しても、とりあえず近所とかにはありませんでした。

300ページいかないのにこの値段かー。まあでも、専門書ってこういう傾向にありますよね。僕的には、ハードカバーじゃなくてソフトカバーにしてもう少し安くしてほしいと思うのですが、これはおかしい感覚なのでしょうか。

…って文句ばっかだな!wでも内容は面白そう。これから読みます。

まとめ

いやね、MBTI関連書籍、少なすぎ問題。

ソシオニクスにいたっては、日本語の本、ないっぽいですしね。

あ、ソシオニクスについてはこちらをどうぞ↓(自然なブログ内誘導)

スポンサーリンク

MBTI読書

Posted by tsumugi