【MBTI】intjは絵かきに向いているかいないかを徹底的に考えてみる

こんにちは、いつの間にかMBTIブログになりつつある当ブログですが。

先日、以下のようなコメントをいただきまして。

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
記事長くなりそう!
スポンサーリンク


この記事を書こうと思った発端

はじめまして。通りすがりのintjです。
細々と絵の勉強をしているので励みになります。

intjが絵描きに向いているというのは、半分yesで半分noじゃないですかね。
noというのは、感情と感覚の機微に疎いため芸術肌ではないので。どちらかというと芸術に憧れてる理屈人間かなー、と。ただ、理解力と改善能力の高さでゆっくりとだけど着実に成長していけるというい意味では伸びしろがあるかもしれません(信じてます
あと、生粋の感情型や感覚型と比べると芸術のマネタイズは我々の得意な分野でしょうね。
まぁそれも戦略の話で、外向的感情がほぼ対極にあるので、SNSなんかは相性悪いわけですが・・・。

(もしご本人様が見かけて何か問題があったら言ってください)

で、僕はそれに対してこんなくっそ長い返信文をしましたw どうしても文章長くなっちゃうんですよねー。

Halさんコメントありがとうございます!
ブログ全体で初のコメントで、嬉しさを噛みしめております。

僕自体MBTI勉強したばかりですが、コメントを見て、客観性と未来志向の分析がまさしくintjっぽく、自分のコメントを見てるような気分になりました笑
やっぱり文章でなんとなくタイプって感じ取れますね。
intjって、自信家の人が多いと思うんですけど、あれは客観的にみて理論がきちんとあるうえのものだと思うので。

intjが芸術的なものに向いていない(感情型ではないため)、というのは凄いしっくりきたと同時に、なるほどーと思いました。
自分の話でいうと、オリジナルが向いてなかったり、●●が描きたい!というのが薄いかもしれませんね。実利で動いているというか。
マネタイズや戦略は他の芸術タイプと比べてかなり向いてるというのは、実際に感じます。外交的感情が対局にあるからSNSに弱い…というのは興味深く、ちょっと今から調べて記事にするかもしれません。

僕の意見は(もらったコメントを踏まえたうえで)、人々の心に共感してバズったりなんだりするのは向いていないが、毎日淡々と投稿して手数で確実に成長していく絵描きなら向いている、といった感じです。向いていないこともないけど、他にもっと向いてる対象はありそうですよね…。
自分語りなのですが、僕は他の人の漫画方法論を分析して、その理論を自分に活かすのが好きなんですけど、これ多分intj特有ですね(今気づいた)。こう、絵がうまくなった先に、承認欲求や実益以外に何を求めるか、みたいな深いテーマな気がします。

intj同士で話なんてしたことないから長くなっちゃった!Halさんもお絵かきがんばってください!

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
なっげえなぁ!

果たしてintjが絵描きに向いているのか

で、どうなのかなーって思って。

実は数時間ぐらい絵を描きながら、考えてたんですよ。んで、出た結論は、

そうだ…試しに株アプリやってみようでした(え

どういうことかというと、僕、人生は好きなことよりも得意なことをやったほうがいいという考えで。

で、絵を描いたり小説を書いたりすることが好きなんですけど。昔、小説でまあいろいろあって挫折し、今絵を描いてるんですけど。

…向いてるといえば向いてるとは思うんですよ。

ただ、凄まじく向いているかというと、どうだろうなぁ、とまえから思っていて。

確かにintjらしく、ストイックに集中するので、技術はつくし分析力も自信あるので向上はしてるんですよね。

ただ、コメントの通り、本来intjは芸術分野に向いていないのも確か。どちらかといえば、芸術を使って実益を得ることに向いているというか…。

とくにSNS時代なので、ファンの方や同じ絵描きさんとの交流が苦手分野なんですよね…。

んで、僕がいちばんintjに向いていると思っているのが、デイトレーダーです。なぜかというと、分析と長期計画はもはや趣味みたいなものなので。

なので、それを負担のないかぎり試してみて、果たして自分に「向いている」とはどういう状況なのか、研究しようと思って。

向いていないことを知ることが、向いているのを知る近道だと思うんですよ。

なぜ絵を描く選択肢なのか

僕がなぜ絵(ほぼ漫画だけど)を描く選択肢を選んだかというと。

まず、一人でできるから。これが小説だと、出版しないと話にならないんですけど、漫画だと同人でも十分なんですよね。

だから、編集者や出版社がいらないまま、個人で表現活動ができる。

次に、やれば必ず上達するから。

小説だと、上達したかしなかったか、数年越しレベルじゃないとわからないし、評価する人によって違ったりするんですよ。

ただ、これが絵だと一発でわかりやすい。

さらに、とにかく時間をかければ確実に上達するんですよ、絵って。しかも、スポーツ選手のように高齢になっても衰えることはないので、長期的な勝負が可能なんですよね。

あと、もともと小説が得意だったので、コマ割りやストーリーを考えるのが苦じゃない、ところかな?

なぜ他の道を目指さなかったのか

これなんですよ。

他の候補は、ゲーム実況とかありました。僕大好きなんで。

ただ、まあ、実際にやってみてわかったんですけど、明らかに向いてなかったですねw

あれはもっと交流がうまい人がやるべきものだと思います。

で、今候補に上がってるデイトレーダー。

まだやってみてないので、向いてるか向いてないか分からないし、やってみても短期的にわかるものではないと思うんですけど…。

なんというか、極めてもお金しか残らそうなのが躊躇の原因なんですよね。

お金だけを得るなら、別になんでもいいというか。バイトでもなんでもいいじゃないですか。

ただ、どうせ打ち込むなら、他に何か上達を目指せるというか、山登りといっしょで達成感があるほうがいいわけですよ。

デイトレーダーを仮にやったとして、いろいろなことに詳しくなるかもしれないけど、果たしてそれが楽しいのか…? ってところだと思うんですよね。

このへんは個人の嗜好かと。できないことができるようになったら楽しいじゃないですか。

実際に3年間絵を描いてみて

数字上の結果から見ると、やっぱり向いてるとは思ってます。3年目にしては、多くの人にありがたくも見てもらっていると感じているので。

ただ、今が伸び悩んでいる時期だからか、果たしてこのままでいいのか…とも思い始めてますね。

でもどうなんでしょうね。次はなんの漫画を描くとか、今自分には何が足りないのか、そういうことを考えるのもintjの資質として、お絵かきに向いていると思います。

他には、こういう漫画は評価が低くて、こういう漫画は評価が高くて…みたいな、パターン分析も向いている理由のひとつですね。

まとめ

まとめとしては、

「他に向いてそうなものがあったらとりあえずやってみて、それから判断する」

ですw

やってみないと分からないですからね。人間、好きなものよりも嫌いなほうがわかりやすいし、得意なものよりも、苦手なことのほうがわかるじゃないですか? なんでも、ちょっとだけでいいのでやってみましょう。案外ハマるかもしれないし。

絵だって、まずはとりあえずやってみようで始めた人が多いと思うので。

 

 

スポンサーリンク