【MBTI】日本であまり広まっていない性格診断が面白い【ソシオニクス】

こんにちは、星羅福つむぎです!

今回は、MBTIに似ている、ソシオニクスという性格診断のお話です。

簡単にいうと、科学的根拠に基づいた相性診断ですかね(相性というか関係性というか)。

スポンサーリンク


MBTIとソシオニクスはパッと見似ている

このブログ、なんかMBTIブログと化しつつあるんですけど、そのMBTIってなんやねんって方は過去記事をどうぞ。

で、このソシオニクスっていうのは、簡単にいうと、MBTIがそれぞれの個人の性格を分析してよりよい人生を歩みましょうということをテーマにしているのに対して、ソシオニクスは主に関係性がテーマです。

で、どちらもユング心理学をベースにした診断テストなので、元々似ているというか、ほぼほぼ同じです。

大きな違いは、MBTIはアメリカ発祥、ソシオニクスはロシア発祥です。

ただソシオニクスは現状資料が少なく、日本語訳の本が一切ない

ないんですよ。…おい!って感じw

だから勉強しようにも勉強できないというか。現状、だからブログ記事を読むか、直接ロシアから本買ってきて和訳するか、あとは海外サイトを翻訳にかけるか、くらいしかないらしいです。

そういった状況なので、ソシオニクスを扱ってるブログも限られています。

いちばん有名でわかりやすいのは、おそらく、このいざよいブログさん。

僕はこのいざよいブログさん、めっちゃ何度も読み返してます。

ブログ書くためどうこうじゃなく、単純に面白い。しかも、自分の知り合いと当てはめると、あーわかるわーってことばっかりなんですよね。

(注意点)MBTIとソシオニクスでは関係性の解釈が大きく違う場合がある

MBTIのサイトってけっこうよくあるんですけど、たいてい、○○タイプと○○タイプは相性が良い悪い、っていう項目があるんですね。

☆5つ、☆1つ、みたいな。

で、MBTIとソシオニクス、基本は一緒なんですけど…。

MBTIで☆1つの相性が、ソシオニクスだと☆5つだったりするケースがあるんです。

…これすごくないですか?

どうやら、MBTIを日本に持ち込んだとき、ソシオニクスの相性を間違って広めたのが原因らしいです。もともと、MBTIにタイプ同士の相性という概念もないらしいですし。

僕でいうと、僕はINTJなのですが、MBTIだとESFPは最低の相性だといわれてます(最低っていうか正反対?)。

ただ、ソシオニクスだと、最高の相性なんですよね。

で、まあ僕は主にいざよいブログさんをかなり読み込んだ結果、ソシオニクスという診断テストは、この最高の相性を使って人生をよりよくすることが目的というか、いちばんの使い方なのでは…という感想をもちました。

その名は双対関係

いざよいブログさんの訳だと、「双対関係」という関係とのこと。

簡単に双対関係を説明すると、お互い正反対の性格だから、相手にとって短所が長所になって二人の関係性がすごく楽しくなるよ、って感じです。

具体例を挙げます。

やっぱ自分のタイプがわかりやすいので、INTJの例で。

INTJは、長期計画が得意でコミュ症(わかりやすくいえば)なんですよ。

逆タイプのESFPはコミュ力最強だけどその日その日で生きて先のことを考えるのは苦手。

で、たとえば二人が恋愛関係になったとします。

すると、INTJはESFPにいじってもらえたり、話しかけてもらえたりしてすごい楽なんですよね。あと、言葉にするのが苦手だったりするんですけど、それを汲み取ってもらえたり。

逆に、ESFPは気まぐれで悪ノリが激しかったりするんですけど、INTJはあんま他人に興味がないので気にしなかったり、冷静に注意したりするんです。

で、これ、他のタイプ同士だと喧嘩のもとになったりするんですけど。

双対関係だと、短所が短所にならないんですよね。パズルみたいにピタッとハマる。

上記の例だと、お互いがこの関係に退屈することがないらしいです。

これ…、すっごいわかるんですよ。

実は今、職場に好きな人がいるんですけど(唐突な自分語り)、相手がまず間違いなくESFPで。

すっごい話しかけてもらえるんですよねw 基本、INTJは自分から話しかけるのが苦手なので、これがすごい助かる。

あと、どうやら個性的なところを気に入ってもえてるみたいで、なかなかいじられますね。

それと頭の回転が早いとか褒めてもらいました。ESFPの人は、基本全員と喋るタイプらしいですけど、自分の興味のない人のことは掘り下げないらしいので、たぶんお世辞ではないと思うんですよね。

まあとにかくですね、この双対関係はかなり当たっていると。

ただ双対関係に気づくまでけっこうたいへん

MBTIもソシオニクスも、要は、Iがつくと陰キャ、Eがつくと陽キャなんですよね。…細かくみていくと全然違うし、本当は内向的と外向的ってそういう意味じゃないらしいんですが、わかりやすくいうと。

で、その二人ってなかなかグループも違うし付き合うとかないじゃないですか。

ただ、僕が今まで話が合った人を思い浮かべてみると、確かにESFPが多かったなぁ、とも思ったり。

…まあ、単純に、明るかったから好きになる確率が高かったっていうのも否めないんですけどw

ただ、実際に付き合う相手は内向型が多かったんですよね。で、長続きしなかった。今思うと、そういうことなんでしょう。

なので、今度恋人を見つけるときは、僕はぜっっっったい、ESFPの人がいいって思ってます。

もちろん、ESFPだからうまくいくって保証ないんですけど、INTJってなんにもしなくてもそもそも大の恋愛オンチらしいのでw だったら、少しでも科学的根拠に頼りたいんですよね。

というか、単純におもしろそう。

前述の好きな人は、なんか長いこと付き合ってる彼氏がいるらしくてほぼほぼムリっぽそうなんですけど(それでも話してると楽しい)、ESFPの人ってけっこう多いようだし、人生の楽しみのひとつとして、意識していきたいなー、とか思っています。

スポンサーリンク