物事が続かないときは労力と報酬のバランスを見直すべき

僕は昔小説を10年間書いてたことがあって、その経験から何かを長く続けることにわりと自信があるんだけど、続かないときはたいてい労力と報酬のバランスがおかしくなってると思うんですよね。

スポンサーリンク


みんな労力かけすぎ問題

たとえば、一週間かけて描いた絵を投稿したとするじゃないですか。

それでまったく評価されないと、こんなのやめてやるちくしょー!ってなるけど、それが数時間だったらまあいいや、ってなりやすいのでは? という感じの話です。端的にいうと。

ただ、長く時間をかけたいって人もいるし、ゲームを作るときなんかはそうも言ってられないときもある(僕も昔フリーゲーム作って途中で投げ出したときがある)。だから、もちろん全部には当てはまらないだろうけど、それにしてもコストというか、労力が多すぎな場合が多いんじゃないかと。

で、労力の種類にもいろいろあって。時間とか、お金とか、脳を使う大変さとか、めんどくさい作業だとか。その種類を考えるのも大事だと思う。

僕でいうと、線画は描くの好きだけど、色塗りは嫌いだから、どうにか線画だけで更新できないか、みたいな。

何かを長く続けられない人を見ていると、完璧主義の人が多いと思う。僕もわりと完璧主義ではあると思うんだけど、なんというか、多少微妙でも、結果的にそれが長く続けるにあたっての最適解なことってある気がするんですよね。

報酬の種類も見直すべき

あと、どうしても報酬って、リツイート数(人気)だったりお金だったりになりがちだけど、たとえばどのくらい上達したとか、練習できたりとか、新しいことをやれたとか、そういうことも考慮すべきだと思うんですよね。

昔、認知行動療法の本を読んだとき、報酬欲求(見返りを求める心)を持ってると生きるのがつらくなりますよー、というのがあったけど、まさしくそれだと。…いやまあ、僕もそういう心は大いに持っているけれどもだ!

ここまでやればもっとクオリティが上がるのはわかるけど、ここまでやると自分はきっと続けられないな、ってラインがあると思うんですよ、人ってそれぞれ。

それは経験によって、過去の挫折や失敗でわかるものだと思うんだけど。それを大事にしたほうがいいと思う…というお話でした。

まとめ:でもだめなときはキッパリやめるべき

じゃあ今までの話は!?

…僕でいうと、フリーゲーム作りは向いてなかったかな? どうしても何日もかかるんですよね、完成までに。そこまで集中力が持続しない。

でも、じゃあ、それが無駄だったかというと、全然そんなことなくて。向いてない、ということがわかるってすごいプラスだと思う。

だって、向いてないことがわからないと、向いてることってわからないと思うんですよね。

スポンサーリンク


人生

Posted by tsumugi