メン・イン・ブラック3を見た感想

星羅福つむぎだよ!

えっとですね、僕Amazonプライムに入ってるんですけど、それでメインブラック3を見たんですよ。

せっかくなので、きょうはそのお話です。

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
映画自体数年ぶりに見たかも
スポンサーリンク


そもそも普段どのくらい映画を見ているのか

全然関係話するので、さっさと感想見たい人は飛ばしてね!

まずですね、そもそも最後に映画を見たのが…確かコナンの映画だったかな。

なんか、暗殺のやつ(アバウトすぎる)。あれを映画館で見たんですよね。

実は、コナンの映画けっこう好きで、他にも船のやつ見ましたね。なんか、自衛隊のやつだったかな。あれです。

で、なんで、急にメン・イン・ブラック3を見ることになったかというと、友達が家にきたとき、あまりにもすることがなくなってしまい。

じゃあなんか映画見ようかって話になったんですよね。

…あ、違った!違ってないけど!

あれだ、Fire TVを買ったんですよ。で、僕、FireTV、ミラーモニターっていうのが使いたくて買っただけで、普段ぜんぜん使ってなかったんですよね。

それが勿体ない…ってことで、Amazonプライムをせっかくだから使おう、ということになったのでした。

Amazonプライム自体も…最近あんま見てないんですよねー。昔はごちうさとか見てたんですけど。ただ、昔のアニメがいつでも見られるっていうのは頼りになるんですよね。アイカツとかも、それでハマりましたし。

Amazonプライム、入ってるだけで翌日に届いたり、買えないものも買えるようになるから、ほぼ必須みたいな感じなんですけど、他にピクシブプレミアムも入ってるしどんどん定額制のものが…話脱線しすぎだなおい!

よう

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
ようやくメン・イン・ブラックの話をします!

1はすっごい昔に見た

何歳ぐらいだったか忘れたんですけど、ほんっと昔に1は見ていて。

これがすっごい面白かったんですよね。

メン・イン・ブラックシリーズ自体、なんというか、ターミネーターとかジュラシック・パーク的というか…。

王道で、外さないエンターテイメントを目指してる感あると想うんですよ。決して通は好まないみたいな。

だから、メン・イン・ブラックが好きっていうと、たぶん映画ファンの人とかからしたらミーハー的な感じだと思うんですけど、いやー面白かったですよねー。好きなんですよ。

メン・イン・ブラックのどこが好きか

世界観ですね、まずは。

あの、実はすぐ隣の人が宇宙人なんだよ、っていう。

あれいいですね。日本でいうと、妖怪に感覚が近いのかなー、とか思ったり。

あとは格好いいですよね、エージェント。マトリックス的というか。

で、あのなんか、機械? で記憶を消すのとか。あーだから日常的にみんな情報は知らないけど、新聞とかでたまに特集されるのか、みたいな。

実はこうこうこういうふうに世界…というか宇宙はできていて、というのはロマンがありますよね。涼宮ハルヒ世代にはぐっとくるものがあります。

ストーリーも好き

1のストーリー、あ、もちろんネタバレなんですけど、なんか主人公のJが1回記憶を完全に消されるんですよね。

でも、また宇宙人と会って、みたいな。

あとは、最後にすっきり解決するのもいいですね。僕、映画は分かりやすいのが好きかもです。ドロドロしてない感じ、というか。コナンもそういうところが好きなんですよね。安心感があるというか。

見てると、いやいやリアルで考えたらこうはならんだろというか…なかなかご都合主義やなってところもあるんですけど、ギャグもいっぱいあるし、少しぐらいのご都合主義も最後の感動とかで気にならなくなるんですよね。娯楽に徹してくれてるというか。

1のラスト、そーとー昔だったんで忘れちゃったんですけど、すごい洒落た感じだったの覚えてます。一歩間違えばいつでも地球は滅亡してるんだよ、みたいな。エンドロールへの流れ方とか、BGMも好きですねぇ。

…今気づいたんだけど、Amazonプライムで見られますよね、今日の晩御飯のときに見ようかな。

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
ごめん、ようやく3の感想に入るわ!(前置き長すぎ)

いよいよ3の感想です

はい、というわけで感想です。

あれですね、すごくいい意味でバック・トゥ・ザ・フューチャーだこれ!って思いましたw

いや、そりゃタイムスリップだから当然なんですけど。

なんというか、宇宙人自体がSFなんだけど、SFにSFをかけてくるかー、って思ってわくわくしましたねぇ。次はこうくるのか、みたいな。

トータル・リコールなんかも思い出しましたね。あれは1のころも思ったんですけど。…というか、そのくらいしか映画見てないw

テレビ見てたときは、けっこう金曜ロードショーを見ていたので、そういう超有名なやつは見てるんですよね。

で、あれですよ、Kがいなくなったときのハラハラ感。

それと、Kがいなくなったことを、あの女性…コードネームなんだっけwヒラリーさんみたいなあの人。あの人に説明してわかってもらえるシーンはよかったですねー。

ハルヒのエンドレスエイトとかもそうだけど、自分が時間旅行をしていることを、他の人にわかってもらえるのはカタルシスがありますよね。大好きです、ああいうの。

会話も面白い

メン・イン・ブラックは、あの会話がいいですよね。なかなかウェットに飛んでいる。

あとは、バトルのドンデン返しとか。タイムスリップの装置を使って倒したときはなるほどー、と思いましたね。一瞬、理解できなくてんん?ってなりましたけどw

それと、やっぱり、全体的に無駄がなくて王道で、いやー、よかったですねー。これぞ映画に求めてるものというか…。難しくなくていいんですよ、楽しければ。

で、僕が一番好きなのは、やっぱり終わり方ですね。

あの、チップを払うか払わないで地球が滅亡しちゃうかも、っていう。2時間くらいかけて地球が…っていうのをやったにもかかわらず、数十秒でそれをギャグにしちゃうというか。ほんっとオシャレ。エピローグとして最高です。

…あれ? 前置きのほうが長くないかこの感想w

実は、3自体も、数週間前に見たんですよねー。直後だったらもっと感想長くなってたかも。

あの車乗ってみたいなー、とか。若いときのヒラリーさん(仮名)かわいかったなー、とか。あとクレジット見るまで、Kは特殊メイクかCGで若くなっていたと僕は思い込んでいたとかw

そんな感じですねー。もし見てないって人がいたら…、めっちゃ面白いんでおすすめですよー。

いやー、でも、やっぱりタイムスリップものはいいですね。

昔小説書いてたことがあって、難しすぎてSFはあんま書いてなかったんですけど、でも、SFって小説の長所がめっちゃ生かされるジャンルだよなー、とか思ったり。

また話が脱線しましたねぇ! ではでは。

スポンサーリンク