自分の絵がヘタに見えてきたときは成長する予兆です

2019年7月11日

こんにちは、星羅福つむぎです!

今回はお絵かきに関する記事です。

結論からいうと、自分の絵が下手に見えてきたときは、成長する前触れです。具体的にいうと、体感で一ヶ月前から二週間くらい。うーん…長くて数ヶ月?

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
その理由を説明していくよ!
スポンサーリンク


人間は手の前に目が鍛えられるから

こう、絵、ってうまくなる順番があるんですよ。

正確にいうと、経験値が溜まっていく順番というか。

で、まずは目が鍛えられるんですね。なんだろうなぁ、数年前に描いた絵を見て、どこが悪いか分かるっていうのも、この目が鍛えられたから。

で、これはすぐ鍛えられないものなんですね。

実際にやっていかないとわからない。もしくは、実際にやっていくと、「ひょっとしてここが悪いのでは…」とわかるときがくる。

まず「わかった」状態になるわけです。

ただ、「わかった」だけでは、もちろんできない。

本を読んだだけで絵がうまくならないのと同じ理由…ではないけれど、似た理由かな。とにかく、筋肉と脳が追いついてないわけですよ。

だから、自分の絵がヘタに見えてくる。

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
この時期がまあつらいのではないかと!

むしろ絵がヘタに見えていないときは経験値が溜まってない場合すらある

で、何がいいたいかというと、ヘタに見えても落ち込まない…むしろそれは成長してる証、ってことでございます。

ずいぶんまえに、きらら系(きんいろモザイクとかご注文はうさぎですか?)を描かれてる同人作家の人で、「最近自分の絵がヘタに見える感覚が狭まってきた」っていうツイートを見かけたことがあるんですけど、これなんか正に体現されてる感じです。

確かにこの方のピクシブをさかのぼってると、成長のスピードが早いように見受けられました。

人間の成長って、踊り場が長い階段みたいなもので。平坦な時間が長いんですよね。で、成長の少し前になって、絵がヘタに見えてくる。

だから、自分の絵はヘタだと思い込んでる人がいたら、いやいやそれは全然違うよ、ということをいいたいのでした。

応用:早く上達するには

えっと、イラストレーターの左さんがインタビューでおっしゃってたことなんですけど、

・上りの努力は楽しいけど、下りの努力は苦しい

・これってすごく逆説的な話になるのかもしれないのですが、自分が「不完全」な状態だからとても楽しいんです

僕はこれを最初読んだとき、「左さんほどの人でも自分の絵を不完全だと思うのか」って感想を持ったんですけど、違うんですよね。「自分の絵を不完全だと思い続けてきたから左さんほどの人になった」のか、かなーと。

で、これって言うは易し行うは難しでして。なかなか、自分のできないことを探すのって難しいし、楽しくない場合が多い。

でも、お絵かきが楽しくないときって、振り返ってみると「なんでこんなうまく描けたのにウケが悪いんだろう」ってケースが多いんですよね。

そうじゃなくて、じゃあ自分の描いたものってどうすればよくなるのか、っていうのを考え出すと、確かに面白くなってたかも、と振り返れば思います。…すぐ忘れるんだけどな!

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
難しいよね…(切実)

わかっていても気づかないときとかよくある

で、僕、このインタビュー記事読んだのけっこうまえなんですけど、それからことあるたびに意識してるんですよ。

ただ、意識してても、どこが悪いかわからないときがある。そのとき、よくジャンルのせいにしてしまいがちなんですけど。

これは最近気づいたんですけど、経験値が足りてないor試行錯誤が足りてない、という発見がありましたね。

どういうことかというと、自分の話でいうと、「目の形がかわいくない」という悩みがあったんですよ。

んで、でもどうやったらいいかわからん…ってずっと悩んでいて。で、ちょくちょく、かわいいなって思う絵と自分の絵を見比べてたんですけど。

それで、出た答えが、「単純に左右のバランスが悪い」のと、「丸さが足りない」というのに気づいて。

単純にバランスが悪いのは、これはもう、もっとやっていかないと難しい問題だったりするんですけど。そういえば、四角っぽいな、と気づいて。

これをやってみたら、かなりほんのちょっとだけど、見栄えが変わりました(カーブを意識して描くようにした)。

じゃあこの改良方法に数ヶ月前気づけたか、っていったらたぶん気づけなかったかなーと。なので、「自分の絵がヘタに見えるけど、どうやったらいいかわからん。苦しい。タッケテ…」と感じていても、それは経験値が足りない場合が多いのではないかと。

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
でも苦しいものは苦しいよね!(台無し)

まとめ

なので、ひたすら経験値を貯めましょう、という話でした。

…ただ、やっぱ、わかってはいても、ってときあるんですよね。実はその最中というか、ちょっとまえ、僕自身がそうだったんですけど。

これはもうね、たぶん慣れるしかないんじゃないかと思ってます。慣れていくうちに、これは驕ってるターンがきたなと。もっと、成長に至るプロセスを楽しむことをその都度思い出していきたい…というわけで、最近の自らの悩みも含めての記事でした。

星羅福つむぎ
星羅福つむぎ
大事なことほど忘れちゃうんですよねぇ!(いやほんと)
スポンサーリンク